ダブル水素ボトルの水素ガス濃度について


質問

「ダブル水素ボトル」の水素ガス及び水素水濃度は? 

回答

水素ガス濃度 

水素ガス濃度計測器 新コスモス電機製 携帯用水素ガス検知器XP-3160/10,000ppm以上  

ガスクロマトグラフィー方式/243,000ppm 

水素水溶存濃度/1,000〜1,300ppb (水の温度・水の種類によって水素水溶存濃度は多少違ってきます) 

質問

「ダブル水素ボトル」の水素ガス濃度は第3者機関にて測定をしていますか? 

回答

「ダブル水素ボトル」の水素ガス濃度は、水素濃度測定メーカーの株式会社タイヨウで 

「水素ガス濃度、血中水素濃度呼気中水素濃度」を測定しています。 

株式会社タイヨウ 全国の大学病院や研究機関からの依頼を受け、主に生体ガスの測定を行っている測定メーカーです。

株式会社タイヨウのHPはコチラ

 

質問

「ダブル水素ボトル」の水素ガス・水素水濃度を測定している動画などありますか?

回答 

検証動画がございますのでご確認下さい。 

  

質問 

水素ガス濃度の表示がよく判りません。 

回答 

水素ガスの濃度表示は「ppm」という単位が良く使われます。 

単位表示にはいろいろと問題があり、そのため一般の方には判りにくかったり、正確さを欠いてしまったりという事があるのです。 

「ppm」は「parts-per-million」すなわち100万分の1という意味で、ごく小さな濃度などの数値を表すのに使います。 

ここで重要なのは、ppmとは単に100万分の1という割合を示しているだけであって、重さや、大きさを表す単位ではないという事です。 

通常気体の濃度は体積比で表しますが、物質は気体になると体積が大きくなりますから、濃度の数値も大きくなります。 

たとえば、水素水で1.6ppmの場合それを水素ガス濃度に換算すると、17,000ppm以上の数値になります。ですがこの換算のやり方も 

「単位容積あたり、水素分子が何個(モル)存在するか」を正しい方法で算出しないと、液体と気体に含まれる量を比較出ません。 

そのことから、重要なのは水素ガス濃度は「第三者の測定機関で行った検査結果」が最も信頼できます。